読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拗々

ラクに楽しく、満足しながら生きたいと思っている人の日記です。

dマガジンで読める雑誌の電子版収録率まとめとKindle Unlimitedとの比較〜女性誌編

ミニマム こじらせ こじらせ-女子力向上委員会

ドコモの電子雑誌読み放題サービス「dマガジン」(月額400円+税)

家にモノを増やしたくない、けれど雑誌読むのは好きな私にとって素晴らしいサービスで、利用中です。これまでも「ビューン」「Fujisan」など色々なサービスを渡り歩きましたが、今の所dマガジンに落ち着いています。

雑誌の読み放題サービスを比較するとどこがいい? | Joyful Money

決め手は、サービス利用開始した2016年1月時点で「女性ライフスタイル」「女性ファッション」の対応誌が多かったこと。(今は他サービスでも増えているのかも?)

一方で、電子書籍(Kindle・iBooks等の1冊売りのサービスも含む)では紙の雑誌より収録ページが少ない場合があります。さらに、読み放題サービスでは特に読める記事が限定された「特別版(限定版?)」を配信していることがあります。

そこで、自分のためにdマガジンで提供されている各雑誌が、紙の書籍と比べてどれくらい収録されているのかをまとめておきます。

【保存版】dマガジンで実際に読めるページ数を検証してみた:2015年3月 | すたぶろ

すでに検証して下さっている方もいるのですが、1年以上前の記事なので、最新版かつ自分の興味のある女性誌限定でまとめておきます。(私は経済誌やビジネス誌も読むには読むのでそれは追々…)

dマガジンでどの雑誌がどのくらい読めるのかまとめ〜女性誌編

調査日:2016年5月2日

【検証方法】

  • dマガジン版配信ページ数:dマガジンで閲覧した際の総ページ数
  • 通常版(紙の雑誌)ページ数:dマガジンで表示した雑誌の目次から読み取る最終ページ

紙の雑誌のページ数を調べるのは大変ですし、最後の記事が数十ページの大特集ということはまずないので、数ページの誤差を許容する、ということにします。

電子書籍で雑誌を読む方は思い当たると思うのですが、ときどき白紙ページが挟まっていることもあり、それも配信版1ページにカウントされてしまいますが、大抵広告ページを置き換えたものですので問題ないでしょう。また、別冊付録があるものは通常版ページに合算してカウントしました。

 

【評価方法】

dマガジン版ページ数 ÷ 通常(紙の雑誌)ページ数 = 収録率

という式で評価したいと思います。

 

女性ファッション誌:対象誌数 32誌

f:id:namellow:20160503150710p:plain

 

f:id:namellow:20160804195618p:plain

うーん。まちまちですねえ。出版社ごとに傾向があるのかな??

「ViVi」「With」「VOGUE JAPAN」「BAILA」「Marisol」「Ray」などを購読している方で、紙媒体にこだわりのない方は迷わずdマガジンで良さそうです!一方でワースト1の収録率19%を記録したのは、ハイクラス主婦向け雑誌「VERY」。中身をちょっと読んでみると、なんと特集記事の途中で記事が終了!という残念っぷり…。あくまでdマガジンは紙媒体への導入という位置付けなのでしょうか。

 女性ライフスタイル誌:対象誌数 27誌

美容誌・料理誌・あとはその名の通り、ライフスタイルを提案する雑誌がこのカテゴリ。

オレンジページやレタスクラブ、ESSEあたりはまぁ、女性に特化した雑誌かなあとは思うんだけど、「きょうの料理」「3分クッキング」が女性ライフスタイルに分類されることに憤りを覚える共働きアラサー女の私です。まあいい…憤ってる主夫の方もいるでしょう…。でもさー「グルメ」ってカテゴリあってもなお、女性ライフスタイルなの!?

f:id:namellow:20160503153928p:plain

たまごクラブが100パーセント超えていてちょっと見づらいです。通販ページが追加されていて、目次との齟齬が大きいみたい。このジャンルは結構読み応えのある収録率ですね。

 

f:id:namellow:20160804195704p:plain

個人的感想

  • OggiとかCLASSY.興味はあるけれど、何だか収録ページ少ないな〜と思っていたのがこの調査のきっかけ。やっぱり露骨に少なかったですね!!その一方で、今まで敬遠していた雑誌の中にも好きなテイストものがチラホラ見受けられたので、今後はそっちも読んでみます。
  • 光文社と小学館は、雑誌配信に積極的でない出版社なんですかねえ。あと日経BPと主婦と生活社も控えめ。
  • 集英社や講談社は積極的みたい。自社サービスの有無等、何かしら関係ある要素があるのかなぁ。調べてみたら面白そうですね。
  • 本屋に行くと、ちょっと雑誌を見てから他の本を探すことが多いのですが「dマガジンで配信されている雑誌を見ている時間」って勿体無いなー、と思ってこのまとめを作りました。収録率の高い雑誌はしっかりアプリでチェックします!あと、せっかくなら収録率高い雑誌を「お気に入り登録」して定期的に読みたいですよね!
  • これでそれなりに流行りを取り入れた「私服の制服化」への第一歩を踏み出せたかな…第一歩が「コスパいい配信雑誌のデータ収集」なあたりがなんかもう女子力向上とかけ離れているような気がするけれど、これが私だ!仕方がない!
  • 所要時間は約2時間でした。誰か男性誌やってください。笑

 

Kindle unlimitedと比較

  • 16.08.04 表を画像に変更しました。
  • Kindle Unlimitedが16年8月3日にスタートしましたね。dマガジンでは読めない雑誌も読めるようです。開始時点では、被りは少ないです。
    ざっと確認したところ、被っている雑誌は収録ページ数等同じでした。オレンジページもライト版(収録率50%以下)だし。
  • 女性誌でKindle Unlimited限定のタイトルは「la fafa」「LDK」「おとなスタイル」「ソトコト」「ケトル」など。主要出版社の取り扱いはdマガジンに軍配ですが、漫画雑誌なども読めるので一度チェックしてみても良いかと思います。下の記事がオススメです。
参考リンク

www.wildhawkfield.com

 

dマガジン

dマガジン

  • 株式会社NTTドコモ
  • ブック
  • 無料